韓国語を楽しく学べる情報や、ママが勉強するための情報発信中

【韓国語初心者】基本母音・単母音★独学!1日10分ハングル勉強@1日目

ともまま
안녕하세요!こんにちは!

韓国語の勉強を始めてみよう!と思ったら、まずはハングルの読み方から勉強しましょう。

最初は記号に見えるかもしれませんが、少しずつ覚えていけば大丈夫です。

まずは基本の8つをご紹介します。

ハングルの仕組み

初めてみると記号にしかみえないハングル。

”ハングル”は日本語でいうと”ひらがな”や”カタカナ”のような文字の名前です。

ハングルが話せるとは言わないので気をつけましょう。

ハングルは子音と母音でできており、ローマ字と仕組みは一緒です。

  • 子音+母音
    • 左右の組み合わせ
    • 上下の組み合わせ
ハングル(子音+母音)
  • 子音+母音+子音
ハングル(子音+母音+子音)

”子音+母音+子音”の場合、最後の子音は「子音+母音」の組み合わせの下に来ます。

この最後の子音のことを”パッチム”といいます。

パッチムは2つある場合もあります。

単母音ー8個の基本の母音ー

日本語でいうあいうえおのことです。基本的な母音は8こあります。

発音母音〇(無音の子音)+母音発音
口を縦にあけて「あ」
口を縦にあけて「お」
口をすぼめて「お」
口をすぼめて「う」
口を横に広げて「う」
口を横に広げて「い」
口をあけて「え」
口をあけて「え」

〇は音がないことを表す子音です。

あいうえおのような母音の場合はこの〇を母音の左か下に書きます。

ここはローマ字とルールが異なりますね。

母音の発音のコツ

아오우이애에(あおういええ)は日本語とほぼ同じです。

애에は2つありますが、発音区別はなくてOK!

日本語にない어(お)으(う)の発音がちょっと難しいですね。

でも口の形を意識するだけで発音できるようになりますよ♪

まず、母音の発音で意識するべき口の形は3種類です。

  1. 口を大きく開ける
  2. 口をすぼめる
  3. 口を横に広げる

日本語の「お」は口をすぼめる形ですが、口を大きく開けた「あ」の形のまま「お」と発音してみてください。

 
ともまま
口を開けたまま「お」の音を出したものが어です!実際に声に出してみると日本語と同じ口の形の「오(お)」との違いがわかりやすいですね♪

次は口を横に広げながら「う」の音を出してみましょう。

 
ともまま
으(う)の音が出ましたね!横棒1本の「う」は、口の形も横に広げることを覚えましょう。

母音の覚え方のコツ・方法

初めは記号にしか見えないハングル、なかなか記号と音が結びつかないものです。

子供の頃など、ひらがな表が、冷蔵庫やトイレに貼ってあるお家記憶にありませんか?

 
ともまま
よく見る場所に貼っておく方法は昔から実践されている効率的な暗記方法です!

また、体の動きと連動させるのも覚えやすいですよ。

例えば、ㅏㅓㅗㅜは棒線から出ている線の向きを指差したり、首を傾けたり頷きながら、声に出して「あ、お、お、う」と何度か言ってみてもよいでしょう。

大切なのは何度も反復・繰り返すこと!

自分なりの覚え方みつけてみてください♪

記号がだんだんと文字にみえてくると思います。

韓国語勉強スタート!最初の1冊におすすめの参考書

韓国語勉強の最初の1歩、学習参考書選び。

選ぶ参考書との相性が悪いと、なかなかページが進まず挫折の原因になることも。

イラストや図を多く用いた本や、書き込みドリル式の本など様々なタイプの本がたくさん出版されています。

ハングルがきちんと解説されている本をタイプ別に分類して紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね。

関連記事

「韓国語の勉強を始めよう」と思った時に、まず迷うのが”参考書選び”。私も本を選んで買うだけなのに、何日も悩みました。何から勉強したら良いかわからないどんな参考書を選べば良いか、何が違うのかわからない韓国語初心者さんの参考[…]

韓国語を勉強したい!初心者さん向け最初の1冊の選び方★タイプ別おすすめの本10選!

韓国語勉強はここから!基本母音・単母音を覚えよう

韓国語勉強の第1歩は”ハングル文字を覚える”ことです。

まずは最初のステップ、基本母音・単母音について紹介しました。

焦らずゆっくりと覚えて、着実に1歩ずつ進みましょう。

次回は母音編2日目です。

감사합니다.ありがとうございました♪

次はこちら

ともまま안녕하세요!こんにちは!ハングルの勉強2日目です。単母音8個は見慣れてきましたか?今回は6個の半母音を覚えましょう!「まだ6個もあるの?!」と思うかもしれませんが、簡単なので安心してくださいね。[…]

ハングル勉強_半母音